どっち?テンピュールとトゥルースリーパーを比較した違いを暴露!

テンピュールとトゥルースリーパーの比較結果を暴露!

テンピュールトゥルースリーパーどっちのマットレスがおすすめ?」

 

比較して違いを知りたい!」

 

この記事を読まれているあなたは上記のように思われているのではないでしょうか。

 

 

テンピュールもトゥルースリーパーも、どちらも低反発マットレスで有名なブランドを持っているマットレスです。

 

「違いが分からない!」

 

「買った後に後悔はしたくないから、おすすめの方を教えてほしい!」

 

こんなふうに思ってしまいますよね(^^;)

 

そこで今回はテンピュールとトゥルースリーパーの比較して分かった違いをお伝えいたします。

 

この記事を読むことで、あなたにとってどちらのマットレスがおすすめで、どちらのマットレスが合わないのかが分かります(^^)

 

 

スポンサーリンク

 

【目次】

  1. テンピュールとトゥルースリーパーを比較!
  2. どっちがおすすめなのか
  3. 管理人は低反発マットレスはオススメしない
  4. 高反発マットレスが体に負担をかけない

 

テンピュールとトゥルースリーパーを比較!

 

今回は両社とも一番人気で売れている、テンピュールのトッパー7とトゥルースリーパーのプレミアケアスタンダードタイプを例にとって比較結果をお伝えします。

 

  • 素材
  • 反発力
  • 水洗い可能か
  • 寝心地
  • 耐久性
  • 価格
  • 保証

 

睡眠は人生の3分の1を占めているほど重要なものです。

 

あなたの今後の生活のためにも、しっかり比較して選んでみてください。

 

間違って自分に合わないマットレスを選んで寝てしまうと、肩こりや腰痛の原因にもなってしまいますからね(^^;)

 

素材はどちらもほとんど同じ!

 

テンピュールの素材

 

  • テンピュールの素材 テンピュールR?
  • トゥルースリーパーの素材 ウレタンフォーム

 

テンピュールの素材であるテンピュールR?とは、ウレタンフォームを独自の技術で加工したものになります。

 

 

そして、トゥルースリーパーの素材もウレタンフォームです。

 

つまり、素材それ自体はどちらもウレタンフォームで違いはないと言えます。

 

ウレタンフォームはそこそこの耐久性はありますが、水洗いできないというデメリットがあります。

 

まぁ、素材に関してはそこまで差はないと考えていいでしょう。

 

反発力について

 

トゥルースリーパーの素材

 

テンピュールもトゥルースリーパーもどちらも低反発マットレスになっています

 

触り心地にどう違いがあるのかヤフー知恵袋で調べてみると、以下のようになっていました。

 

ヤフー知恵袋

 

テンピュールは抵抗がわりとあるへこみ方で、トゥルースリーパーは抵抗なく沈むようです。

 

これは、マットレスの密度の違いと言えます。

 

おそらく、テンピュールの方が価格が高いこともあり、中身の密度がしっかりしているのでしょう。

 

密度がしっかりしていると、へたりにくくて耐久性も良いので、このように考えるとテンピュールの方が品質が良いと言えます

 

水洗い可能か

 

テンピュールもトゥルースリーパーも、どちらもウレタンフォームという素材で水洗いはできません

 

なので、シーツカバーや敷きパッドなどで汚れなどが直接マットレスにつかないようにしましょう。

 

水洗いできないのはデメリットであるといっても、個人的にはほとんどのマットレスは水洗いできないので、あまり気にしなくていいと思っています。

 

寝心地

 

トゥルースリーパーもテンピュールも、同じ低反発マットレスなので、寝心地に大きな違いはありません。

 

どちらもマットレスに体がフィットするような感じになり、つつまれているようで快適な寝心地です。

 

ただ、テンピュールの方が密度があるので、ずっしりと支えられた感じになるかと思います。

 

耐久性

 

テンピュールの保証期間

 

テンピュールのトッパー7の保証期間は15年となっています。

 

これは、普通に使えば15年は使えるように設計されているとも推測できます。

 

 

15年以内にへたってしまったら、「新しいのに交換してくれ!」という問い合わせが殺到してしまいますからね(^^;)

 

その点を見据えて、テンピュールの販売会社もしっかりとした耐久性のあるマットレスを作っているはずです。

 

トゥルースリーパーの保証期間

 

それに対してトゥルースリーパープレミアケアスタンダードタイプの保証期間は1年となっています。

 

というわけで、あまり耐久年数があるわけではないです。

 

普通に使用して2〜3年ではないでしょうか。

 

耐久性を考えると圧倒的にテンピュールの方が良いと言えるでしょう。

 

「長くマットレスを使用していきたい!」と考えるのであれば、テンピュールがおすすめです。

 

価格

 

  • テンピュール トッパー7…90000円
  • トゥルースリーパー プレミアケアスタンダードタイプ…26784円

 

価格の面を見ると、圧倒的にトゥルースリーパーが安いわけですが、コストパフォーマンスはどちらがいいのでしょうか。

 

テンピュールが15年使えることと、トゥルースリーパーが3年使えると仮定して、1年あたりにかかる費用はいくらかを計算してみました。

 

【テンピュール】
90000円÷15年=6000円/1年

 

【トゥルースリーパー】
26784円÷3年=8928円/1年

 

このように、1年あたりにかかる費用に直してみると、テンピュールの方が安いことになります。

 

テンピュールは15年の保証期間があるので、途中へたってしまっても新しいのに取り替えてもらえます。

 

トゥルースリーパーは1年しか保証がないので、少し不安です。

 

というわけで、コストパフォーマンスや保証面を考えると、テンピュールの方が良いと言えます。

 

 

スポンサーリンク

 

どっちがおすすめなのか

 

トゥルースリーパーとテンピュールについて、どちらがおすすめなのかをまとめてみました。

 

【トゥルースリーパーがおすすめな人】

 

  • 耐久性は気にしないから、とにかく安く済ませたい
  • 保証期間はそこまで気にしていない
  • 密度が低くても、低反発マットレスであれば良い
  • あくまで消耗品として購入したい

 

【テンピュールがおすすめな人】

 

  • 高密度のしっかりとした寝心地の方が良い
  • コストパフォーマンスを考えるとテンピュールの方が良いと思っている
  • マットレスを何度も買い換えたりしたくない
  • しっかりとした低反発マットレスで、心地よい寝心地で毎日生活したい

 

やはり、テンピュールとトゥルースリーパーを比較するならば、

 

「安いものを短い期間で使って、何度も買い換えるか」

 

「高いものを買って、しっかりとしたマットレスを長く使用していくか」

 

この2つに分かれると思います。

 

 

テンピュールは分割払いもできるので、90000円といっても月々の支払いに直せばそこまで負担にはなりません。

 

あなたに合う方を選んでみてください。

 

管理人は低反発マットレスはオススメしない

 

当サイト管理人の私は40代サラリーマンで、今まで低反発マットレスを使用した経験があります。

 

その経験に基づいて言えば、あまり低反発マットレスはおすすめできません(^^;)

 

なぜなら、私は腰痛が悪化しましたし、日々の疲れが全然取れなかったからです。

 

柔らかいマットレスで寝た場合

 

柔らかい低反発マットレスで眠ると、画像のように肩や腰がマットレスに沈み込み、体に負担をかけたまま眠ることになってしまいます。

 

低反発マットレスを利用して

 

「腰が痛くなった…」

 

「腰痛が悪化した…」

 

「寝ても疲れが取れない」

 

なんて口コミをよく見かけますが、それは上記のような理屈からです。

 

 

さらには低反発マットレスだと、体がマットレスに沈み込んでしまって寝返りも上手に打てなくなります。

 

たしかに低反発マットレスは寝心地がよく感じられるといったメリットはあるのですが、体に負担がかかってしまいます。

 

特に、寝返りが打てないと以下のような問題が生じてきます。

 

  • 体の一部分を圧迫し続けてしまう
  • 特に体の中でも重い部分である肩や腰に負担がかかる
  • 血流やリンパ液の流れが悪くなる

 

このように、寝返りが打てない低反発マットレスは単純に体に悪いです。

 

「なんかマットレスが自分にあっていないな」

 

「起きたらなんか体に痛みがある…」

 

「腰痛がすごくて起き上がれない…」

 

こんな事態にもつながってきます。

 

 

というわけで、あまり低反発マットレスはおすすめできないというのが正直な感想です。

 

つまり、ぶっちゃけると低反発マットレスであるテンピュールやトゥルースリーパーはおすすめしません(^^;)

 

高反発マットレスが体に負担をかけない

 

もしもあなたが、

 

「体に負担をかけず、ぐっすり熟睡したい!」

 

「朝起きた時にスッキリした気分で起きたい!」

 

「寝ても取れない疲れとおさらばしたい!」

 

「肩こりや腰痛改善効果のあるものをつかいたい!」

 

こんなふうに思われているのであれば、高反発マットレスをおすすめします。

 

 

ただ、高反発マットレスといってもいろいろな種類のものがありますよね。

 

モットンの画像

 

私は高反発マットレスならば、間違いなくモットンをおすすめします。

 

 

モットンは元中日ドラゴンズの選手である山本昌さんが愛用しているマットレスで、10万本以上売れている人気のマットレスになっています。

 

山本昌

 

「なぜモットンがおすすめなの?」と気になっている方が多いかと思います。

 

私が高反発マットレスの中でもモットンをおすすめする一番の理由は、自分の体重に合わせてマットレスの反発力を選べるようになっているからです。

 

 

画像のように、自分の体重に合わせてマットレスの硬さ(反発力)を選べるようになっています。

 

これは、単純に自分に合うマットレスになりやすいのです。

 

 

つまり、自分の体にフィットしやすいので、寝心地が良い!熟睡できる!といった状態になりやすいということです。

 

また、体にフィットすると肩や腰に負担をかけずに眠ることもできるので、モットンにしてから「肩こりや腰痛で悩まされなくなった!」といった声が多いのです。

 

 

だからこそ、自分の体重に合わせてマットレスの反発力を選べるモットンがおすすめと言えるのです。

 

この特徴は他のマットレスにはなく、唯一モットンだけが持っているポイントとなります。

 

 

自宅にあるモットン

 

実際に私も現在モットンを使用していますが、体の疲れがしっかりとれるので、かなり満足しています。

 

さらには悩んでいた腰痛が改善されて、夜中に腰の痛みで目を覚ますこともなくなりましたし、朝洗面台での前傾姿勢が辛くなくなりました。

 

 

マットレスを変えるだけでこんなに変わるのか!

 

 

というのが私の感想です。

 

 

あのまま自分に合わないマットレスをつかい続けていたら、今も腰痛に苦しんでいた生活をおくっていたかと思うとゾッとするくらいです。

 

というわけで、私はテンピュールでもトゥルースリーパーでもなく、モットンをおすすめします。

 

 

10年使えるように設計されていて、耐久性にも問題はありません。

 

 

今なら2万円割引キャンペーンと90日間全額返金保証キャンペーンが行われているので、確認してみてください。

 

キャンペーン中のモットン公式サイトを確認する

 

すでに終わってしまっていたら申し訳ないです(^^;)

 

 

 

また、念のためにモットンをおすすめできる人とおすすめしない人についてまとめました。

 

【モットンをおすすめしない人】

  • 低反発マットレスがほしいと考えている
  • テンピュール・トゥルースリーパーが気に入っているから、ほかのマットレスは嫌だと思っている
  • 自分の体(体重)に合わせてマットレスの硬さは選べなくても良いと考える

 

【モットンをおすすめできる人】

  • 寝返りの打ちやすいマットレスで、体に負担をかけずに眠りたい
  • 寝ても取れない疲れをしっかり取りたい!
  • 肩こりや腰痛対策になるマットレスを使いたい!
  • 自分の体に合わせたマットレスを手に入れたい!
  • 10年間という、長い間使えるマットレスを使いたい!
  • テンピュールほどお金をかけたくない!
  • 90日間の全額返金保証付きの、安心して試せるマットレスは良いと考える

 

テンピュールでもトゥルースリーパーでもモットンでも、大切なのは自分に合ったマットレスを選ぶことです。

 

そうすることで、快適な生活をおくれるようになりますからね(^^)

 

 

逆に、自分に合わないマットレスで寝ていると、肩こりや腰痛・体の疲れなどにつながってきてしまいますから、注意してくださいね(^^;)

 

 

その点、モットンは上記の点で安心のマットレスなので、私は快適に過ごすことができています♪