テンピュールとモットンを比較して分かった3つの真実とは?

テンピュールとモットンを比較!3つの真実とは?

モットンの画像

 

テンピュールモットンのマットレスってどっちがおすすめなの?」

 

「違いは何?比較結果を知りたい!」

 

こんなふうに思われている方は多いと思います。

 

 

テンピュールもモットンも人気のマットレスなので、「どちらにしようかな」なんて悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

 

テンピュールは高いブランド力を持っていますし、なんか寝心地が良さそうですよね。

 

 

また、元中日ドラゴンズの山本昌さんが愛用しているモットンも、なかなかの評判を持っています。

 

どっちがおすすめなのか、よく分からないですよね(^^;)

 

 

そこで今回はテンピュールとモットンを比較してみたいと思います。

 

比較して分かった3つの真実もお伝えするので、この記事はよく読まれることをおすすめします。

 

そして、マットレスの購入で後悔しないようにしてくださいね(^^;)

 

 

スポンサーリンク

 

【目次】

  1. モットンとテンピュールの比較結果
  2. 比較して分かった3つの真実
  3. どちらのマットレスがおすすめ?

 

モットンとテンピュールの比較結果

 

 

モットンとテンピュールを以下の観点から比較してみました。

 

  • 素材
  • 寝心地
  • お手入れ方法
  • 収納性
  • 反発力
  • 耐久性
  • 価格
  • 保証

 

それぞれ順番に解説していきたいと思います。

 

素材の違いは?

 

 

  • モットン…ウレタンフォーム
  • テンピュール…テンピュールR?(ウレタンフォーム)

 

モットンもテンピュールも、実は同じ素材を使用しています。

 

 

ただ、ウレタンフォームの加工の仕方に違いがあると言えるでしょう。

 

モットンは反発力のあるように調整してつくったので、高反発マットレスとなっています。

 

それに対してテンピュールは低反発になるように作られているので、低反発マットレスになっています。

 

 

低反発マットレスは柔らかくて寝心地が良いのですが、寝返りしにくく腰の部分がマットレスにしずんでしまうというデメリットがあります。

 

なので、肩こりや腰痛持ちの方にはおすすめできません。

 

 

それに対して高反発マットレスのメリットは、寝返りが打ちやすくて肩や腰に負担をかけません。

 

なので、腰痛対策としても使用できるといったメリットがあります。

 

腰痛持ちにおすすめのマットレスはこちら!

 

 

寝心地はどっちがいい?

 

 

寝心地の良さでいえば、低反発マットレスであるテンピュールの方が良いと言えるでしょう。

 

体がマットレスに沈み込んでフィットするような形になるので、とても快適に感じることができます。

 

 

しかし先ほども言いましたが、体がマットレスに沈んでしまい、反発力もないので寝返りが打ちにくいです。

 

特に肩や腰などの重い部分が沈み込んだ状態で眠ることになるので、

 

「朝起きた時になんかスッキリしないな…」

 

「なんか体が痛いな…」

 

なんてなってしまう場合があります。

 

 

それに対してモットンは、高反発マットレスなので「寝心地がとても良い!」というわけではありません。

 

ただ、決して悪いわけではなく、反発力があるのでしっかり支えられて寝るような感じになります。

 

 

体に負担をかけない寝姿勢で眠ることができるので、

 

「朝起きた時にスッキリしている!」

 

「謎の疲れ・寝不足みたいなものがない!」

 

となれるといったメリットがあります。

 

 

というわけで、寝心地が良いのはテンピュールですが、体に負担をかけないという点ではモットンの方が良いと言えます。

 

お手入れ方法

 

 

  • モットン…週に一度の陰干し
  • テンピュール…週に一度の陰干し

 

モットンもテンピュールも、元は同じ素材なのでお手入れ方法はほとんど同じです。

 

 

陽の光に弱いという特徴があるので、天日干しはできません。

 

一週間に一度は、マットレスにたまった湿気を取り除くために風通しの良い場所で陰干しをする必要があります。

 

 

また、テンピュールもモットンもマットレスの水洗いはできないので、シーツや敷きパッドなどを使って汚れがついても大丈夫なように使用していきましょう。

 

収納性

 

 

テンピュールは基本的に三つ折りできませんが、モットンはマットレスを三つ折りすることが可能です。

 

なので、収納面に関して言えば、モットンの方がコンパクトになると言えるでしょう。

 

「敷布団として使いたい!」と思われている方にとっては、三つ折りできた方がいいと思うのでモットンをおすすめします。

 

反発力

 

  • テンピュール…不明(低反発)
  • モットン…100N/140N/170Nの3つから選べる(高反発)

 

テンピュールの反発力は数値として表れていないので不明です。

 

しかし、メーカー側は「低反発マットレス」としてうたっているので、反発力は低めと言えるでしょう。

 

 

それに対してモットンは高反発マットレスで数値も明らかにしています。

 

N(ニュートン)の数値が高いほど、反発力が高くなると考えます。

 

 

マットレスの反発力が低いと、寝心地は良くなるのですが体に負担をかけます。

 

体が沈み込んでしまって寝返りも打てないですからね(^^;)

 

しかし、ある程度の反発力があることによって理想的な寝姿勢を保てるので、やはり反発力の面を考えるとモットンがいいでしょう。

 

耐久性

 

  • モットン…10年
  • テンピュール…2〜15年

 

テンピュールのマットレスには、いろいろな種類があります。

 

  • ベッドマットレス
  • 敷布団タイプ
  • 敷きパッドタイプ

 

ベッドマットレスなどは20万円以上したりするので、15年保証がついていたりします。

 

 

それに対して3万円程度で買えるテンピュールの敷布団は2年しか保証がついていなかったりします。

 

テンピュールマットレスは価格に応じて保証が違うので、おそらく耐久性もそれにともなっていると考えられます。

 

 モットンの耐久性

 

モットンは公式サイトで10年は持つと断言されています。

 

第三者機関による8万回の耐久テストの審査結果を公表しているので、信頼性は抜群です。

 

 

耐久性については、テンピュールはマットレスの価格によって変わってくるので何とも言えません。

 

ただ、モットンについては10年は持つので安心して使用できると考えていいでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

価格

 

  • テンピュール…30000〜300000円
  • モットン…39800〜59800円

 

テンピュールはどのタイプのマットレスを買うかによって、価格に大きな違いがあります。

 

ただ、ほとんどのマットレスは10万円くらいするので、「高すぎてきついな…」と思われる方にはテンピュールはおすすめしません。

 

 

それに対してモットンは、シングルサイズであれば39800円なので、テンピュールと比べればリーズナブルです。

 

さらには10年は使えるように設計されているので、コストパフォーマンスの面でもモットンは良いと言えます。

 

 

そして、モットンには90日間の全額返金保証もついているので、リスクなくお試しできます。

 

これはテンピュールにはないので、モットンならではのメリットです。

 

 

リーズナブルで耐久性のあるマットレスを保証付きで安心して使用したい!」と考えるのであればモットンでしょう。

 

特別価格でモットンを買える公式サイトを確認する

 

比較して分かった3つの真実

 

モットンとテンピュールを比較して分かった3つの真実をお伝えしたいと思います。

 

素材はほとんど変わらない?

 

テンピュールは「NASAが使っている素材を使用している!」と公表しています。

 

しかし、モットンもNASAの体圧分散に優れた特性を持つ素材を使用しているのです(^^;)

 

 

なので、両者には素材の違いはほとんどありません。

 

低反発加工にしたのか、高反発加工にしたのかの違いです。

 

 

その点を考えると、素材がほとんど変わらないにもかかわらず値段はモットンの方が安いので、モットンの方がいいでしょう。

 

おそらくテンピュールが高価なのは、広告費が莫大にかかっている分が上乗せされているからです(^^;)

 

反発力を選べる方が良い

 

モットンは自分の体重に合わせてマットレスの反発力を選ぶことができます。

 

体重で選べる

 

これによって、自分に合いやすいマットレスを購入することが可能になります。

 

もしも自分に合わないマットレスで眠っていると、それだけで体の不調が出てきたり、肩こりや腰痛の原因になったりもします(^^;)

 

 

このように考えると、自分に合わせてマットレスの硬さ(反発力)を選べるモットンはとてもおすすめと言えます。

 

テンピュールは反発力を選べないというのがネックですね(^^;)

 

腰痛対策ならモットン!

 

やはり、高反発マットレスの特性と低反発マットレスの特性を考えると、腰痛対策としてマットレスを利用するのであればモットンと言えます。

 

モットンの反発力

 

反発力があって体圧分散にすぐれたマットレスで眠ることで、肩や腰に負担をかけずに眠ることができます。

 

実際にモットンの使用者は、

 

「夜中に腰の痛みで目覚めなくなった!」

 

「朝、スッと起きられるようになった!」

 

「洗面台での前傾姿勢が辛くない!」

 

「起きた時の謎の痛みがない!」

 

といった方が多いです。

 

 

逆に、こちらのテンピュールで腰痛改善はできない!むしろ悪化する3つの理由という記事にも書いてありましたが、「テンピュールでは腰痛が悪化した…」なんて口コミが多いです。

 

というわけで、腰痛対策に使用するのであれば断然モットンと言えます。

 

腰痛対策として使えるモットンの購入はこちら

 

どちらのマットレスがおすすめ?

 

 

モットンがおすすめと言える人と、テンピュールがおすすめと言える人を、今までの比較結果をもとにまとめてみました。

 

テンピュールがおすすめな人

 

  • とにかく寝心地重視の方
  • 特に肩こりや腰痛では悩んでいない
  • 反発力は自分に合わせて選べなくてもいい
  • 価格が高い方がなんか安心だと思う人

 

このような方にはテンピュールがおすすめと言えます。

 

低反発マットレスの特性として、寝心地は良いというメリットはあります。

 

また、ブランド力もあるので、高いマットレスを買いたいと考える方にはおすすめです。

 

モットンがおすすめな人

 

  • 理想的な寝姿勢が維持できて、疲れがしっかりとれるマットレスを使用したい
  • 肩こりや腰痛対策として使えるマットレスがほしい
  • 自分の体重に合わせて反発力を選べるのは魅力的だ
  • 耐久性のあるマットレスを使って長く使用していきたい
  • 比較的リーズナブルに済ませたい
  • コストパフォーマンスの良いマットレスがほしい
  • 90日間の全額返金保証がついているのは安心だ

 

上記のように考える方はモットンがおすすめです。

 

「朝起きた時の謎の疲れ・体の痛みをなくしたい!」

 

「ぐっすり熟睡したい!」

 

「腰痛を少しでも軽減させたい!」

 

こんなふうにあなたが考えるのであればモットンがいいでしょう。

 

 

今なら90日間の全額返金保証もついているので、安心して試せます。

 

自分に合わなかったら返品すればお金が戻ってきますからね(^^;)

 

リスクもないので、興味のある方はモットンを試してみるといいでしょう。

 

 

やっぱり、起きた時にスッキリした気分だと、毎日の過ごした方も変わってきますよ♪

 

モットン公式サイトはこちら

 

 

 

スポンサーリンク