エアウィーヴとテンピュールを比較!※迷うなら確実にこっち!

テンピュールとエアウィーヴを比較!

エアウィーヴテンピュールってどっちがおすすめのマットレスなのかな」

 

比較して、違いを詳しく教えてほしいな!」

 

現在マットレスの購入を考えている方は、上記のように思いますよね。

 

 

テンピュールもエアウィーヴもどちらとも有名なマットレスで、ブランドを持っています。

 

しかし、

 

「違いが分からない…」

 

「自分におすすめなのはどっちなんだろう…」

 

なんて思ってしまいますよね。

 

どちらも高い金額がするマットレスですし、購入したあとに「あっちのマットレスにしておけばよかった…」なんて後悔はしたくないと思います。

 

 

そこで今回はエアウィーヴとテンピュールの比較結果をお伝えしたいと思います。

 

この記事をしっかり読むことで、どっちがあなたに合うマットレスなのかが分かります。

 

後で購入して後悔したり損しないためにも、じっくり読んで比較してみてください!

 

 

スポンサーリンク

 

【目次】

  1. テンピュールとエアウィーヴの比較結果を暴露!
  2. どっちがおすすめ?
  3. 管理人のおすすめは高反発マットレス
  4. 価格を抑えたいならこのマットレス!

 

テンピュールとエアウィーヴの比較結果を暴露!

 

テンピュールとエアウィーヴを以下の点から比較してみました。

 

  • 素材
  • 反発力
  • 水洗い可能か
  • 寝心地
  • 耐久性
  • 価格についつ
  • 保証

 

それぞれ詳しく解説していくので、

 

「自分に合うマットレスを選びたい!」

 

「買ったあとに後悔したくない!」

 

と考える方はよく読んでみてください。

 

素材の良さはどっちが上?

 

  • エアウィーヴ・・・エアファイバー
  • テンピュール・・・テンピュールR?(ウレタンフォーム)

 

エアウィーヴの素材

 

エアウィーヴの素材は画像のようなポリエチレン樹脂によってできているものです。

 

これは、とにかく通気性が良いので

 

夏でも涼しく快適に眠れる!

 

といった特徴があります。

 

 

また、反発力に優れていて寝返りが打ちやすいので、

 

快眠できる!

 

といった感じになっています。

 

テンピュールの素材

 

それに対してテンピュールはウレタンフォームという、市販のマットレスとあまり変わらない素材でできています。

 

「え、安物と変わらないの?」なんて思ってしまいますが、テンピュールはウレタンフォームを特殊加工しています。

 

なので、安物というわけではないようです。

 

ただ、どんなふうに加工しているのかは明らかではないので、これは想像の範囲になります(^^;)

 

 

どちらかというと、通気性の面で考えるとエアウィーヴの方が良い素材になっています。

 

「夏場、涼しく快適に眠りたい!」と考える方にはエアウィーヴでしょう。

 

反発力があるのはエアウィーヴ!

 

テンピュールは低反発マットレスですが、エアウィーヴは高反発マットレスです。

 

この点が、この2つのマットレスの大きな違いと言えるでしょう。

 

 

「え、どっちがいいのかよく分からない」

 

と思いますよね。

 

 

それぞれのマットレスには、以下のメリットがあります。

 

【高反発マットレスのメリット】

  • 寝返りが打ちやすい
  • 体がマットレスに沈みこまず、肩や腰に負担をかけない
  • 体の疲れがしっかりとれて、腰痛対策にもなる

 

【低反発マットレスのメリット】

  • 包まれるような感じで、寝心地がいい
  • 自分の体にしっかりフィットするような感覚になる

 

こう見ると、どちらがいいのかまだピンときていない方が多いと思います。

 

もしもあなたが寝心地の良さを求めるなら低反発マットレスのテンピュールをおすすめします。

 

 

ただ、低反発マットレスは以下の強烈なデメリットがあります。

 

  • 寝返りが打ちにくく、寝ている間に体の一部分を圧迫し続けてしまう
  • 肩や腰など、体の中でも重い部分が特にマットレスに沈み込む
  • 結果的に、肩こりや腰痛の原因になったり、翌日に疲れがとれなかったりする

 

低反発マットレスだと、上記のように単純に「

 

体に負担がかかって、疲れてしまう」

 

「腰痛など、体の痛みの原因になる」

 

というデメリットがあるのです。

 

 

なので、

 

「体の疲れをしっかりとりたい!」

 

「正しい寝姿勢で眠って、肩こりや腰痛を治したい!」

 

こんなふうに考えている方は高反発マットレスであるエアウィーヴがおすすめです。

 

 

スポンサーリンク

 

水洗いしたいならエアウィーヴ!

 

エアウィーヴは水洗い可能

 

エアウィーヴは画像のように、中身の素材を丸洗いすることが可能です。

 

これは、何か汚れがついてしまった場合に安心です。

 

子供のおねしょや女性の生理など、洗い流したい汚れがついた時に洗えるというのは魅力でしょう。

 

 

それに対してテンピュールはマットレスを丸洗いすることはできません

 

なので、シーツカバーや敷きパッドなどで汚れ対策をする必要が出てきます。

 

「マットレスの水洗いが出来る方がいいな!」と思われるのであればエアウィーヴがいいでしょう。

 

寝心地はテンピュールの勝ち?

 

テンピュールは低反発マットレスということもあり、かなり寝心地がいいです。

 

マットレスに体がフィットするように馴染みますからね。

 

 

その点、エアウィーヴは反発力がすごいので、どちらかというと体がポンポン跳ねるような寝心地です。

 

エアウィーヴには寝返りが打ちやすいのと体圧分散がしっかりできるというメリットはありますが、寝心地の良さだけならテンピュールがいいでしょう。

 

テンピュールだと体に負担がかかってしまいますけどね(^^;)

 

耐久性はテンピュール!

 

テンピュールは5年保証

 

テンピュールはマットレスによっても異なりますが、2年〜10年という長い間の保証がついています。

 

 

この長さの保証期間があるので、おそらくテンピュールの販売会社は耐久性に相当優れたマットレスを作っているはずです。

 

すぐにへたってしまうマットレスだと、「新しいのと交換してください」なんて問い合わせが殺到してしまいますからね(^^;)

 

テンピュールは平均的に7年は使えるようになっているのではないでしょうか。

 

 

ただ、エアウィーヴは「使って半年でへたってしまいました…」なんて口コミが多くあるので、耐久性はあまりよくないようです。

 

まぁ、素材がポリエチレンですからね(^^;)

 

価格はどちらとも言えない

 

  • エアウィーヴ シングルの値段・・・64800円
  • テンピュール シングルの値段・・・25000円〜

 

上記の価格を見ると「テンピュールの方が全然安いじゃん!」と思いますよね。

 

 

ただ、テンピュールは一番安い敷布団でその値段です。

 

 

また、エアウィーヴも敷きパッドタイプであれば、30000円しないで購入することも可能です。

 

エアウィーヴ敷きパッドタイプ

 

敷きパッドタイプのエアウィーヴは画像のようになっていて、厚みがないので今使っているマットレスの上に置くという形で使うものです。

 

このように考えると、価格の差はそこまでありません。

 

他の部分で特徴を見比べて、購入を決めるといいでしょう。

 

保証はテンピュールの方が長い!

 

15年保証

 

画像はテンピュールのベッドマットレスの場合になりますが、最長で15年保証がついています。

 

 

それに対してエアウィーヴは、長くても3年保証となっているのでマットレスの保証期間を考えるとテンピュールの方がおすすめといえます。

 

「長くマットレスを使用していきたい!」と考えるのであればテンピュールがいいでしょう。

 

結果的にどっちがおすすめ?

 

今までのテンピュールとエアウィーヴの比較結果を元に、どちらのマットレスがおすすめなのかをまとめました。

 

自分に合う方を選んでみてください。

 

テンピュールがおすすめな人

 

  • とにかく寝心地重視
  • 腰痛や肩こりで悩んではいない
  • 耐久性のあるマットレスで長く使っていきたい
  • 保証が長いと安心だ

 

上記のように考えるのであれば、テンピュールがいいでしょう。

 

とにかく寝心地がいいですからね。

 

 

ただ、テンピュールのような低反発マットレスだと、肩や腰への負担はかかってしまうので、肩こりや腰痛で悩まれている方はおすすめしません。

 

エアウィーヴがおすすめな人

 

  • 通気性が良い方が良い!
  • 高反発マットレスがほしいと考えている
  • 水洗いできるマットレスの方が良い
  • 肩こりや腰痛の改善が目的である
  • 耐久性に関してはそこまで気にしていない
  • 日々の疲れをしっかりとりたいと考える

 

エアウィーヴは耐久性には劣るものの、通気性が良くて肩こりや腰痛対策として使えるなどのメリットがあります。

 

「自分の体への負担を減らしたい…」

 

「寝ても取れない疲れなどがないようにしたい!」

 

「肩こりや腰痛を改善させたい!」

 

こんなふうに考えるのであれば、エアウィーヴがいいでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

管理人のおすすめは高反発マットレスのエアウィーヴ

 

やはり、私の個人的な見解にはなりますが、テンピュールとエアウィーヴで比較するならば、エアウィーヴの方が断然いいと考えます。

 

 

そのように言える一番の点は、エアウィーヴが高反発マットレスであり、テンピュールが低反発マットレスであるからです。

 

 

先ほども言いましたが、低反発マットレスは体に負担をかけてしまいます。

 

柔らかいマットレスで寝た場合

 

画像のように、肩や腰が沈み込んでしまう低反発マットレスは、体に負担をかけてしまいます。

 

結果的に

 

「朝起きた時に疲れが取れていない…」

 

「腰の痛みがすごくて起き上がれない…」

 

「腰痛が悪化したような…」

 

なんてなってしまうのです(^^;)

 

高反発マットレスで寝た場合

 

やはり、適度に反発力がある方が体に負担をかけません。

 

その結果、

 

「朝はスッキリと起きれる!」

 

「肩こりや腰痛が軽減した!」

 

「夜中に腰の痛みで目を覚まさなくなった!」

 

「快眠できている!」

 

というふうになります。

 

このように、低反発マットレスより高反発マットレスの方が良質な睡眠につながるので、エアウィーヴをおすすめします。

 

価格を抑えたいならこのマットレス!

 

ただ、「エアウィーヴは高いなぁ…」なんて思われている方は多いと思います。

 

きちんとしたエアウィーヴの敷布団やマットレスを買おうとしたら6万円から10万円以上はしますからね。

 

エアウィーヴスマート025

 

画像のように、厚みの薄い敷きパッド型のエアウィーヴなら3万円程度で買えますが、何より耐久性に問題があるのでおすすめしません

 

 

以前私はエアウィーヴを使用していましたが、「半年も経たずにへたってしまった…」なんて経験もありますからね。

 

私は40代のサラリーマンなのですが、腰痛に悩まされていたこともありエアウィーヴを買ったのですが、すぐにへたってしまったのでかなり残念に思いました。

 

モットン

 

 

なので、現在は画像にもあるモットンというマットレスを使用しています。

 

 

モットンは元中日ドラゴンズの選手である山本昌さん愛用のマットレスで、すでに10万本以上売れている人気の高反発マットレスになっています。

 

 

モットンの使用者の口コミはとてもよくて、

 

「毎日ぐっすり眠れている!」

 

「モットンに変えてから、疲れがしっかり取れるようになった!」

 

「腰の痛みが軽減して、ストレスが減った!」

 

「朝スッキリ起きられるのはとても気持ちが良い!」

 

といったものが多いです。

 

 

実際にツイッターでも評判になっています。

 

 

モットンに関するつぶやき

 

モットンのツイート

 

モットンで腰痛改善

 

テンピュールはダメ

 

エアウィーヴはダメ

 

 

このように、モットンの口コミはかなりいいです。

 

そして、Twitterは一般人による口コミがリアルに書かれていて、販売者も絡んでいないので比較的信用できます。

 

 

自宅にあるモットン

 

私も今はモットンを利用していて、快眠できるのでかなり寝心地に満足しています。

 

朝、洗面台で顔を洗う時の前傾姿勢が辛くなくなりましたし、夜中に腰の痛みで目がさめるということもなくなりました。

 

今では本当にストレスフリーに過ごせています。

 

趣味の野球やゴルフなんかも普通にできますからね(^^)

 

モットンを使用していなかったら、今も腰痛で悩んで家に引きこもりがちになっていたり、毎日ストレスを感じていたかと思うと本当に買ってよかったなと思っています。

 

 

というわけで、もしもあなたが

 

「快眠できるマットレスがほしい!」

 

「ぐっすり眠れて、翌朝はスッキリした気分になれるようなマットレスがいい!」

 

「腰痛改善に効果的なマットレスを使いたい!」

 

こんなふうに思われているのであれば、モットンがおすすめです。

 

 

価格はシングルサイズで39800円なので、安い値段というわけではありません。

 

しかし、6万円から10万円くらいするエアウィーヴやテンピュールと比べれば、まだお手頃価格です。

 

 

今なら2万円割引と90日間返品保証キャンペーンが行われているので、公式サイトで確認してみてください。

 

キャンペーン適用のモットン公式サイトはこちら


 

すでに終わっていたらすいません(^^;)

 

 

スポンサーリンク