評判悪い!?テンピュールマットレスの寝心地|腰が痛いし寝返りできない!?

テンピュールマットレスの評判は悪いのか

テンピュール評判っていいの?」

 

マットレスの実際の寝心地について知りたい」

 

寝返りができない腰痛に向かないって本当?」

 

この記事を読まれているあなたはこんなふうに思われているかもしれません。

 

 

テンピュールのマットレスやフトンって、かなり値段が高いですよね。

 

「さすがブランドのマットレス…」といった感じです。

 

 

しかし、ブランドがあるから寝心地が良くて体にも良いのかというのは別問題になります。

 

テンピュールは本当に寝心地が良くて評判のマットレスなのでしょうか。

 

 

というわけで、今回はテンピュールの口コミや評判について徹底的に調べてみました。

 

「テンピュールマットレスを購入するんじゃなかった…」と買った後で後悔しないためにも、この記事はよく読むことをおすすめします。

 

マットレスというのは、あなたの日々の生活にかなり影響してくるからです。

 

 

スポンサーリンク

 

【目次】

  1. Yahoo!知恵袋やツイッターでこんな口コミが…
  2. 寝心地は良いという評判もある
  3. 低反発マットレスは腰痛対策には向かない
  4. 高反発マットレスならこれ!

 

Yahoo!知恵袋やツイッターでこんな口コミが…

 

テンピュールの口コミや評判を調べるうえで、ヤフー知恵袋やツイッターなどで検索してみていると、以下のような意見がありました。

 

ヤフー知恵袋でのテンピュールに関する質問

 

「テンピュールマットレスで腰痛が悪化した」というものでした。

 

 

その他にも、Twitterで検索するとぞくぞくと出てきました。

 

テンピュールに関するツイート

 

テンピュールについてのツイート

 

ツイート

 

ツイート

 

ツイート

 

 

「腰に良くない…」

 

「腰痛が悪化した…」

 

こんなつぶやきが多く見つかりました。

 

 

腰痛対策も含めてマットレスを探している方は多いと思います。

 

そんな方にとっては、テンピュールは向かないと言えそうです。

 

 

また、今は腰の痛みにそこまで悩まされていなくても、やはり歳をとるにつれて必ず悩まされるのが腰痛です。

 

できれば、マットレスは腰に負担をかけずに眠れるものを選びたいものです。

 

 

テンピュールは高いブランド力を持ってはいますが、腰に悪いと評判になっています。

 

正直、値段は高いのに腰に悪いというのは考えものですね(^^;)

 

寝心地は良いという評判もある

 

もちろん、テンピュールに関する口コミが全て悪いわけではありません。

 

「寝心地が良い!」

 

「体がマットレスに沈んで、しっかりフィットしてる気がする!」

 

「宙に浮いているような寝心地だな」

 

こんな口コミもいくらか見つかりました。

 

 

やはり、マットレスなので合う人には合うようです。

 

現在のところ腰痛に悩まされていないのであれば、テンピュールでもいいかと思います。

 

寝返りが少なくて腰に負担がかかるテンピュールでも、寝心地は良いというメリットはありますからね。

 

低反発マットレスは腰痛対策には向かない

 

テンピュールの素材

 

そもそも低反発マットレスは首こり・肩こり・腰痛対策に向いていないことは知っていましたか?

 

テンピュールを使ってから

 

「腰痛が悪化した…」

 

「腰が痛くなった…」

 

というのは、実は低反発マットレスの特徴を知っていれば当然のことです。

 

低反発マットレスは以下の特徴があります。

 

  • マットレスに体が沈み込む
  • 寝返り回数の減少

 

これは一見すると問題ないように見えます。

 

実際、寝心地は低反発マットレスの方が良いといった意見もありますからね。

 

 

ただ、マットレスに体が沈み込むのはよくありません。

 

柔らかいマットレスによる圧力

 

人は柔らかいマットレスで眠ると、画像のように、どうしても体の重い部分である腰に負荷がかかってしまいます。

 

また、人が寝返りを打つ理由は以下のメリットがあるからです。

 

  • 体の一部分に負担をかけないようにする
  • 血液やリンパ液の流れをよくする
  • 筋肉のコリを防ぐ

 

つまり、寝返り回数の減少と腰が沈んでしまう低反発マットレスであるテンピュールは、上記のことがほとんどできなくなってしまう可能性が高いのです。

 

結果的に、

 

「腰が痛い…」

 

「腰痛が前より悪化した…」

 

となってしまうのです。

 

 

実際に口コミでそのような意見があったのは納得できます。

 

高いお金を払って購入したマットレスで腰を痛めてしまっては最悪です。

 

NEWSポストセブンの記事

 

NEWSポストセブンでも言われていますが、睡眠効率の改善や体圧分散をするならば、高反発マットレスの方がおすすめなのです。

 

というわけで、もしも購入するならば、低反発マットレスよりも高反発マットレスの方がおすすめです。

 

体に負担をかけずに眠れて、結果的に良質な睡眠を取ることが可能だからです。

 

 

スポンサーリンク

 

高反発マットレスならこれ!

 

「でも、高反発マットレスと言ってもたくさんあるよね、、」

 

「どれがおすすめなの?」

 

となりますよね。

 

モットンの画像

 

 

高反発マットレスでおススメできるマットレスは、価格と性能を考えて最もいいのが、

 

元中日ドラゴンズで沢村賞を受賞したこともあるプロ野球界のレジェンド、山本昌さんが愛用している【モットン】

 

です。

 

モットンはすでに10万本以上売れていることもあり、人気の高反発マットレスとなっています。

 

山本昌選手

 

山本昌さんは50歳まで現役を成し遂げたことでも有名ですが、やはりその裏には寝具のこだわりもあったようです。

 

 

首や肩・腰の痛みが野球の成績に直に関わってくるので、マットレスに関しては相当悩み抜いて決めたと思われます。

 

 

高反発マットレスであれば、そんな山本昌選手が使用していることもあるモットンが自信を持っておすすめできます。

 

 

モットンであれば、

もちろん体に負担をかけずに眠れますし、マットレスの硬さも自分の体重に合わせて選ぶことが可能ですからね。

 

実際にモットンを使用してから

 

「ぐっすり眠れて、翌朝は疲れがとれている!」

 

「腰痛が改善された!」

 

「腰の痛みで夜中に目覚めることがなくなった!」

 

「仕事もしっかり集中してできる!」

 

というような口コミが多数あります。

 

 

価格も今ならキャンペーン中で、シングルサイズでも39800円と、テンピュールに比べるとお手頃価格です。

 

今なら90日間の返品制度もついていて、リスクなくお試しできます。

 

テンピュールの購入を考えていた方にとって、モットンは比較的リーズナブルです。

 

 

興味があれば、まずは公式サイトを見てみるといいでしょう。

 

【モットン】公式サイトはコチラ

 

 

モットンのデメリットは?

 

 

しかし、もちろんモットンにもデメリットはあります。

 

それは以下のようになります。

 

  • マットレスの丸洗いはできない
  • 店舗販売されていない

 

モットンは、水洗いできるタイプのマットレスではありません。

 

ただ、これに関してはテンピュールも同じなので、そこまで大きなデメリットではないでしょう。

 

シーツカバーや敷きパッドを使えば、マットレス自体はほとんど汚れないですからね。

 

 

また、店舗販売されていないので、直接実店舗に行って寝心地を試すことができないというデメリットがあります。

 

ただ、モットンは寝具業界でも異例の90日間の返品保証制度がついています

 

90日の間モットンを試してみて、自分に合わなければ返品できます。

 

そして、全額があなたのもとに戻ってきます。

 

 

販売会社は、90日間という長い間の返品保証期間を設けてまでも「モットンを試してもらいたい!」という自信があるようです。

 

私たちにとっても安心してお試しできるので、店舗販売されていなくてもそこまで大きなデメリットではないと言えるでしょう。

 

モットンのメリット

 

 

テンピュールではなくモットンを利用するメリットは、以下のようになります。

 

  • マットレスに体が沈み込まず、寝返りが打ちやすい
  • 肩や腰に負担をかけずに眠ることができる
  • 腰痛対策マットレスとして使用できる
  • マットレスの反発力は自分の体重に合わせて選べる
  • 価格はテンピュールと比べるとリーズナブル
  • 90日間の返金保証制度もついていて、安心して試すことができる

 

やはり、高反発マットレスであるモットンは、とにかく寝返りが打ちやすいです。

 

寝返りを打つことによって、血流の流れを良くしたり、腰に負担をかけずに眠ることが可能です。

 

テンピュールのように、

 

「使用したら腰が痛くなった…」

 

「腰痛が悪化した…」

 

となるようなことはとても考えにくいです。

 

マットレスの硬さ選びの基準

 

また、モットンはマットレスの反発力を自分の体重に合わせて選ぶことができるので、自分に合ったマットレスになりやすいです。

 

自分にとって適切な反発力で、肩や腰に負担をかけずに眠ることができます。

 

 

自分に合わないマットレスだと、毎日のように体に負担がかかってしまい、仕事にも影響が出てしまいます。

 

モットンであれば、そのような心配はないので安心して利用できます。

 

 

価格もテンピュールと比べれば安い39800円です。

 

90日間の返金保証制度もついているので、興味があれば試してみるといいでしょう。

 

>>特別価格でモットンを購入できる公式サイトはこちら!


 

 

【こんな人にはモットンではなくテンピュールおすすめ】

  • 寝心地が良いマットレスが良い
  • 圧倒的なブランド力を重視する
  • 価格は高くても平気だ
  • 腰に悪くても、自分は大丈夫である

 

【こんな人にはモットンがおすすめ】

  • 体に負担をかけないマットレスで快眠したい
  • 現在、腰痛に悩まされている
  • 体に良いマットレスを使いたい
  • 野球選手が愛用していたマットレスに興味がある
  • マットレスの反発力を自分の体重に合わせて選べるのは魅力的だ
  • 価格は高くない方がいい

 

 

スポンサーリンク

 

モットンに関するQ&A

 

モットンに関する質問を簡単にまとめてみました。

 

最安値で購入できるのはどこ?

 

モットンは実店舗販売がないので、以下の通販サイトを利用することになります。

 

  • Amazon
  • 楽天
  • ヤフーショッピング
  • 公式サイト

 

価格は定価で59800円なのですが、公式サイトのみ2万円引きの39800円で販売されています。

 

90日間の返金保証制度がついているのも公式サイトのみなので、公式サイトでの購入をおすすめします。

 

 

床に直接置いて使用できる?

 

モットンの厚みは10cmです。

 

床や畳・フローリングに直接置いて使用できます。

 

 

また、ベッドマットレスとしても使用可能です。

 

自分のライフスタイルに合わせて使えます。

 

今使っているベッドフレームに合うかな?

 

モットンのサイズは、一般的な敷布団・マットレスと変わりません。

 

なので、ふつうに今お使いのベッドフレームに合うと思います。

 

ちなみにサイズ・大きさは以下の通りです。

 

  • シングル 縦195cm 横97cm
  • セミダブル 縦195cm 横120cm
  • ダブル 縦195cm 横140cm

 

厚みは10cmです。

 

アレルギー持ち・赤ちゃんでも使用できる?

 

モットンは防ダニ・抗菌加工でホコリもつきません。

 

アレルギー持ちでも赤ちゃん持ちでも安心して利用できます。

 

テンピュールに関しては、ダニや害虫に関しての表記がなかったので、これもモットンのメリットかもしれません。

 

通気性は良い?

 

モットンの通気性は良く作られているので大丈夫です。

 

私も現在モットンを使用していますが、「蒸れる」「熱い」などと感じたことはありません。

 

すぐにへたったりしない?

 

モットンは8万回の耐久テストに合格しています。

 

公式サイトにも記載がありますが、10年は使用できるようにつくられています。

 

電気毛布や湯たんぽ・布団乾燥機は使える?

 

モットンは、電気毛布や湯たんぽ・布団乾燥機も全て使用可能です。

 

返品保証制度はしっかり使えるのか

 

90日間が経過したあとの2週間の間にモットンの販売会社に電話すれば大丈夫です。

 

どんな理由であれ、「合わなかった」といえば返金に応じてくれると公式サイトに書いてあります。

 

実際に購入者の1.9%くらいが返品しているという情報もあるので、大丈夫です。

 

 

モットンを最安値で購入するならこちら!

 

 

スポンサーリンク